2007年08月03日

世界の中心がわからんから部屋の中心で叫んだら大家に怒られた

1958年8月3日 アメリカ海軍の原子力潜水艦『ノーチラス』が世界ではじめて潜航状態による北極点通過を果たす。






夏学期が終わった。お疲れ様でした!



書いてない間に色々あった。

男子日本代表は前半だけ調子よくてカザフスタンと韓国にボコられ、北京行きが無くなったそうな・・・orz
結構期待してたんだけどなぁ〜

色んなところ見ると、PGの特に五十嵐・柏木がボロクソに書かれている。
韓国戦ではディフェンスで相当やられて、ゲーム組み立てもできてなかったみたい。
五十嵐はスピードで押してくタイプだしな。実際世界選手権でも身体にボールがついていってないシーンもあった。
これをどうにかしたいってなら・・・柏倉でも入れてみる?

一方で桜井と川村はかなりいい出来だったみたい。
この二人、タイプは違うけどポジションがカブるからなぁ・・・二人同時にコートに立たせてみたいものだ。

鈴木HCはやっぱ辞めるのかな?まだ早い気がするんだけどな。





テェンバーウルブズのケビン・ガーネットが移籍するそうです。
度々話は上がってたみたいだけど遂に来たか・・・

行き先は・・・セルティックスか。ラリー・バードしかシラネw
後はちょっと調べたけど現役だとポール・ピアースくらいしか知らない。あとレイ・アレンが移ってきてたのね。

さてKGが報われる日は来るのかな?結構好きな選手だけに注目してます。
ウルブズ、終わったな





そういえば今年も多分ユニフォーム作るな。

一昨年はMJの23、学年のはKGの21、去年はコービーの8ときて
今年はどうすっかな〜?

アイバーソンの3とか?
posted by ちび太 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(1) | バスケな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

ジムなんか行かなくても駅のエスカレーターで逆走すりゃいいじゃん

1976年7月18日 モントリオールオリンピック体操でルーマニアのナディア・コマネチが史上初の10点満点。




ニュース記事


アイシンのヘンダーソンが日本国籍取って代表入りするらしい。

こりゃ竹内兄弟のポジション争いがまたキツくなるな。
それともセンターフォワードだけに、山田・青野のところかな。
ずっと代表だった古田が抜けたからどう来るかわからんね・・・

いずれにせよ戦力アップは確実かと、面白ぇ。
中でパスもらったりリバウンド取れる選手が足りてなかったかんな。



PGは佐古・五十嵐・柏木で変わらずか、どう使い分けるかな。

個人的には柏木のプレイスタイルが一番好みデス。
五十嵐はスピードと3ポイントがいいけど、切り込んで身体当てる類のプレイは柏木のがウマい。
自分よりはるかにデカい相手にファウルもらいに行くプレイってのは痛快だよね。
これは桜井に言えることである。

当たり前だけど、パス回しよりもドリブルでズバッと切り込むのが一番カッコイイんだよな。





それにしても『桜木』とな!?
どう見ても某人気マンガの・・・









話がブワッと飛びますが、『ござ』を買ってみた。要は持ち運び可のペラい畳表ね・・・・

これを引けばフトン出さなくても床に寝転がれる。
布団の下に引けば蒸れにくくなる・・・かな?
お客様が来たら(最近誰も来てないけど)座布団代わりに。

洋室住まいだから畳くせぇ匂いが新鮮だわw



うむ、夏っぽい。
誰か遊びに来る?きったねぇ部屋ですが。
posted by ちび太 at 18:42| Comment(2) | TrackBack(0) | バスケな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

あえて外国人選手はピックアップしない方向でいってみよう

1988年3月17日 東京ドームオープン。







さぁて今日もみんなを置き去り、バスケな話の始まりだよ〜♪






男子バスケ(スーパーリーグ)がプレーオフ真っ最中でございます。

知ってた?知るわきゃないよな。
バスケの優勝決定戦よりプロ野球のオープン戦だよなw




対戦カードはトヨタ自動車VS三菱電機。

これはワタクシ、ずばりトヨタが行くと見ました!!



だって桜井良太と折茂がいるんだもんよ。
それだけですwww





三菱は・・・Gの柏倉、Fの梶山辺りが注目かな。(超適当なコメントw)






折茂もいいけど、世代交代が欲しい。

『優勝はトヨタ自動車、最優秀選手は桜井か渡邉拓馬』ってな予想でヨロシク!





でもシーズン順位では三菱の方が1位なんだよな・・・




最近になってまた寒いっすね。
体調も相まって、バレーやるのが辛いわ。
posted by ちび太 at 20:36| Comment(2) | TrackBack(0) | バスケな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

NBAオールスターだったようです

1972年2月19日 浅間山荘事件。連合赤軍メンバー5名が人質を取り、浅間山荘に立てこもる。







去年は免許合宿中でBSが観られるホテルに泊まってたんだよな〜・・・(参考:去年の記事
あ〜今年は残念。





このシーズンはやっぱりアイバーソン移籍が衝撃だったなぁ〜。
未だにナゲッツとか言われてもピンと来ない。やぱり76ersでしょう。

まぁ、シャックがレイカーズからヒートに移ったときも同じような感じだったし、そのうち違和感なくなっちまうのかな。



ヤオ・ミン、ナッシュ、アイバーソンやらは欠場らしいけど、今年もすげぇメンバーが出揃ったことでしょう。

去年はレブロンだったから、今年来るのは・・・












コービーでしたか・・・




う〜ん、今更と言うべきか流石と言うべきか・・・
まぁ私生活は色々みたいだけど、1試合80得点は伊達じゃないっすね。







この間、秋にバレ同でユニフォームを作ったときに、僕は背番号を8にしたんだ。
コービーの番号です。


そしたら、何かこのシーズンから背番号を24に変えたとかって・・・orz
どうでもいいっちゃいいんですけどねw








ちなみにスタメンは

イーストは
ドウェイン・ウェイド(ヒート)
ギルバート・アリーナス(ウィザーズ)
レブロン・ジェームス(キャバリアーズ)
クリス・ボッシュ(ラプターズ)
シャキール・オニール(ヒート)




ウエストは
コービ・ブライアント(レイカーズ)
トレイシー・マグレディー(ロケッツ)
ダーク・ノビツキー(マーベリックス)
ケビン・ガーネット(ウルブズ)
ティム・ダンカン(スパーズ)





試合はウエストの圧勝だったらしい。
そう思って見ると、ネームバリューでもウエストが上な感じがするなぁ・・・w
posted by ちび太 at 22:49| Comment(3) | TrackBack(0) | バスケな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

フツーのジャンプシュートはかえって難しかったり

1982年10月4日 テレビ番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』放送開始。






最近、部活を地区の小学校の体育館でやることが多い。
(普段は大学の体育館ね)



この歳になって・・・と言うか、このサイズになって小学校に行くと、全てが小さく感じるもんです。
グランドとかめちゃくちゃ狭いし。





空き時間は体育館でバスケを楽しんでます。

も〜、ワンハンドでもツーハンドでもダンクし放題! 快感ですw

同じくバスケ好きなヤツとアリウープの練習とかやってます。





ヤオ・ミンの気分てこんな感じなんでしょうか?
posted by ちび太 at 14:50| Comment(2) | TrackBack(0) | バスケな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

バスケな話G 世界バスケ総括

1977年9月5日 王貞治に初の国民栄誉賞が贈られる。






日本開催の世界バスケはスペインの優勝で幕を閉じました。MVPはガソル。
優勝候補だったアメリカは準決勝のギリシャ戦で敗退。



↑これ知らなかった人、正直に手を挙げて〜w

絶対知らんでしょorz
地元開催だってのにこの盛り上がらなさは逆にスゴイとさえ思えてくる。

TBSもさぞ失望したろうが、自業自得だよ。
放送が深夜の時間帯ばっかりだもんなぁ・・・某局のバレーボールみたいにゴールデンに持ってくる気概は無いのかっつーの!

これを機にバスケの地位も上がるかな、とほんのちょびっとだけ期待したけど無さそうですねorz





日本代表の戦績は1勝4敗でグループリーグ敗退。
結果は散々だったけど、久々にまともにバスケ観戦できて個人的には楽しかったな。

特に桜井良太が気に入った。外から切り込んで点を稼いでたし、身長ある方じゃないのにダンクまでやらかしてくれたし・・・五十嵐ばっかりフィーチャーされてたけど、彼も結構かっこいいと思うしw

次のユニフォームの背番号は6にしようかな・・・






そうそう、ジェリコHCの任期はこれで終わりだそうな。
次期監督はアイシンの鈴木HC。へっぽこだったチームをリーグ優勝にまで導いた手腕に期待しましょう。国際試合の経験は断然劣りそうだけど・・・








あ〜、準決勝のスペインvsアルゼンチンも観たかったなぁ〜
ガソルもジノビリもすごかったらしいのに・・・







(これでしばらくバスケネタを書く機会は無いと思われw)




posted by ちび太 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(1) | バスケな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

バスケな話F 世界バスケ観戦記  VS Deutschland

1926年8月20日 日本放送協会設立。





しっかりテレビにかじりついて、最初から最後まで観戦しました。
まともにバスケの試合観るのは久しぶりで面白かった!





最初から勝ち目薄は承知だった中でいい試合だったと思いますよ、ウン。

「1Qをもうちょっと抑えられていたら果たして?」という感じ・・・





G陣がキレてましたね〜!

五十嵐&柏木はどっちもうまくスピードあるプレイをやれていた。
折茂の3Pシュートは勿論のこと(4Qは「折茂にボールを集めて・・・」ばっかりだったw)桜井もなかなかよかった。



F・C陣はディフェンスで手一杯だったのかなぁ・・・?

竹内兄弟はノビツキー相手に奮戦していたが、(向こうも本調子じゃなさそうだったけど)オフェンスでは高さで完全に負けてるゴール下はともかく、ミドルもほとんど入ってなかった気がする。
網野も全然点取れていなかった感じ。

そんな中で山田が存在感あった。
正直僕の中で印象が薄かった選手だけど、よく走れていて速攻からの点やファールに絡んでいました。



とりあえずリバウンドのやられっぷりだけはヤバかった。ディフェンスの時でも取られまくってたし・・・
しかし、これは体格以外に対抗する術があるのか?という気もする。





日本びいきのカメラワークのおかげかもしれないけど、全般に日本はドイツよりもずっと走れている気がした。
ジェリコHCも満足できたんじゃないかな?







放送自体は解説はうるさ過ぎず、意味わからんジャニーズやらハロプロやら出すでもなく、結構よかったと思う。

注文つけるとすると、選手の交代をもっとわかりやすく表示して欲しいかな。
展開が早いせいもあるけど、油断してるとコートに誰が立ってんのかわからなくなったし。





今日は昼のバスで東京に帰るのでアンゴラ戦は観れない。残念・・・


頑張れ、日本!!
posted by ちび太 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

バスケな話E TBS特番の感想

1962年8月12日 堀江謙一が小型ヨット「マーメイド号」で日本人初の太平洋単独横断に成功し、サンフランシスコに到着。







ここ最近、この手の話題ばかり・・・
とりあえずバスケが日の目を浴びる機会は少ないのでね。せっかくだし色々書いちゃおう。

結構、よそから検索で来てくれている人がいます。地味に嬉しいです。


引き換えにリアルの友人は置き去りですがw







父母妹がとうに寝静まった深夜0時半〜2時。
僕は風呂まで済ませて、準備万端でTVの前に陣取りました。



田臥のアメリカでの様子と日本代表の様子を交互に取り上げる構成でしたが、この時期にしてはあるまじきことに田臥特集の方がずっと楽しめてしまいましたw




田臥はマーベリックスでサマーリーグに参戦し、上々の成果をあげたようです。

プレイしている映像も随分観られましたが、なかなかキレた動きで周りにまったくヒケをとっていないように感じました。持ち前のスピードあるドリブル、パスワークなど「おお〜」と感嘆させられた。

「これのために日本代表辞退した」と言うに、十分なモノだったと思いますね!






対照的に日本代表特集はもう一つでした。
時間の関係でしょうがないけど、ほんっとに限られた選手しか取り上げられていなかったのが主因ですなぁ・・・

具体的には五十嵐・竹内公・折茂、それに網野あたりがちょっとだけ。



そりゃあ、このへんがキープレーヤーなのは間違いないんだろうけど、他の選手だって気になるよ。




一番ツッコミたかったのが、キリンカップ最終戦。五十嵐がずっと不調でついに交代になった場面で、交代後の展開が一切語られなかったこと。
この後、柏木が活躍したらしいのに・・・

これだけ観たら、日本のPGは五十嵐しかいないみたいじゃん。






観終わった時にはちょっと物足りない感じが残りました。


「これなら田臥のアメリカでの話だけで一本の番組にした方がよかった」、というのが率直な感想です。




あと、NBAサマーリーグと日本代表の試合を続けざまに観て、高さ&技術の差を今更ながら痛感しました
posted by ちび太 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

バスケな話D USAドリームチーム 2006 Version

1977年8月7日 有珠山大噴火。






レポート、無事提出してきました。
ようやく終ったよ・・・あ〜長かった。

結構しんどかったけど、これからの勉強のスタンスを考える上でいい学期でした。



とりあえずしばらくはまったり行こう。

てなわけで、久々に(?)趣味な話なんぞを・・・




チームUSAが世界選手権候補15名を発表しました。
最終的には12人まで絞って本番に臨むそうです。

カーメロ・アンソニー(ナゲッツ) ギルバート・アリーナス(ウィザーズ)
シェーン・バティエー(ロケッツ) クリス・ボッシュ(ラプターズ)
ブルース・ボウエン(スパーズ) エルトン・ブランド(クリッパーズ)
カーク・ハインリック(ブルズ) ドワイト・ハワード(マジック)
レブロン・ジェームス(キャブス) アントワン・ジェイミソン(ウィザーズ)
ジョー・ジョンソン(ホークス) ブラッド・ミラー(キングス)
クリス・ポール(ホーネッツ) アマレ・ストウダマイヤー(サンズ)
ドウェイン・ウェイド(ヒート)





コイツを踏まえて勝手にスターターを作ってみました。




↓こんな感じ
posted by ちび太 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

バスケな話C 私的NBAファイナル展望

1955年6月10日 日本電信電話公社の時報サービスが東京で始まる。




図書館でうっかり 『半島を出よ』村上龍 を見つけてしまった。
いつか読んでみたいと思っていたけど、まさかこのタイミングでくるかぁ・・・
しかもあったのは上巻だけで、下巻は予約まで入っていた。もし読んでハマっちまったら大変なことになりそうだ。






世間ではW杯だそうですが(また)、NBAファイナルも今やっていることをご存知かな?

野球で言えばワールドシリーズ、まさに世界最強のチームを決める勝負と言えるでしょう!!




イースタン・カンファレンスからは文句なしのエース、ドウェイン・ウェイドと最強のセンター、シャキール・オニール率いる
マイアミ・ヒート!!


ウェスタン・カンファレンスからはゴール下でも外でもプレイできるユーティリティ・プレイヤー、ダーク・ノビツキー率いる
ダラス・マーベリックス!!






第1戦はマーベリックスが90−80で勝利。



正直な話、マブスはノビツキーありき(あとジョシュ・ハワードくらししか知らない)のチームだと思っていたので『テリー32得点』という記事を見ても「誰、それ?」って感じでしたw

どうやらノビツキーとヒートのシャックはかなり厳しいマークにあっていたようです。
ま、得点限を封じるという意味で互いに当然の策でしょうね。







私的予想は4勝3敗でヒート!

ウェイドは問題無さそうだし、シャックがこの調子で終わるわけないという期待を込めて。
どうか敵のホームコートアドバンテージ(マブスの本拠地での試合が一試合多い)を跳ね返しちゃって欲しいものです。

そしてMVPはもちろんドウェイン・ウェイド!!






それにしてもヒートは豪華なチームですね。
歳食ったとはいえ、ベンチにゲイリー・ペイトンやアロンゾ・モーニングがいるとはね・・・
posted by ちび太 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

バスケな話B 日本代表に見られる変化

何日か前にバスケの日本代表候補が発表されてました。最終的にこっから12人に絞るそうな。


田臥勇太(米アルバカーキ)、エリック・マッカーサー、佐古賢一
網野友雄(以上アイシン)、折茂武彦、古田悟、高橋マイケル、渡辺拓馬、
山田大治、桜井良太(以上トヨタ自動車)、川村卓也(オーエスジー)
節政貴弘、北卓也、伊藤俊亮(以上東芝)、松島ウォルターブラウン(三菱電機)
青野文彦(松下電器)、五十嵐圭、柏木真介(以上日立)、大西崇範(日体大)
佐藤託矢(青学大)、竹内公輔(慶大)、竹内譲次(東海大)




「あぁ〜、田臥が入っとる〜。でも、このメンツはどうなんかなぁ・・・」
というのが最初の感想です。


従来の方針が若手重視のために抜けていた佐古、折茂、北らのベテランが復帰。
多分、世界選手権が地元開催ってことで本気で選んだんだろうけど、今まで長く代表から離れてたベテランと若手で上手いこと合わせられるのかがちょい気になる。
夏までそう時間は多くないと思うんだけどなぁ・・・

まぁ僕ごときにはわからないモノがトップにいる人にはあるのかもしれないけど。とにかく健闘を祈るのみ!

巷じゃ「バスケに興味があっても日本代表には関心無い」って人が多いけど、いっちょ結果を出して注目を集めちゃって欲しいものです。




ところでアメリカはどんなメンバーで来るのかなぁ・・・?
レブロンやコービーらが選出されてるそうだけど詳しくは知りまへんので。
あ、でもアイバーソンは出ないっぽい、残念・・・





独断と偏見で12人選んでみました。
posted by ちび太 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

バスケな話A NBAオールスター!!

前述の通り、珍しく衛星放送が観れる日々が続いております。
最近はもっぱら女子カーリングばかり鑑賞してる。カナダ戦、イギリス戦、イタリア戦とシビれる展開で勝ってるので楽しいんだな。小野寺選手、かっこいい!w


ところで今日はNBAオールスターゲームの日!
これ、ほんっっっっ・・・と嬉しかったです。一度観てみたいと思ってたんだよ。午後から教習で途中までしか観れなかったのは実に口惜しいが・・・


これが大学の授業だったら120%、サボりだなw


両チームのスタメンは

ウェスタン・カンファレンス

スティーブ・ナッシュ
コービー・ブライアント
トレーシー・マグレイディ
ティム・ダンカン
ヤオ・ミン



イースタン・カンファレンス

アレン・アイバーソン
ドウェイン・ウェイド
ビンス・カーター
レブロン・ジェームズ
シャキール・オニール



もう・・・何て豪華なメンバーですか・・・(泣)
似非ファンの僕でもウハウハしてしまう程のメンバーなんよ、コレは・・・


そして試合の感想なんですが

どいつもこいつもダンクやり過ぎw

観てて楽しいから、全然OKだけどね。


ウエストが地元チームのマグレイディにボールを集めてリード、という展開でハーフタイムまで観て教習に行ったけど、後半にレブロンが爆発して、さらにピストンズ勢がシーズンさながらの堅守を発揮してイーストが逆転勝ちしちゃったそうです。最後まで観たかったぁぁぁぁ・・・・


ともあれ実に楽しい午前中でした。

シャックのダンクもド迫力だったけど、個人的に一番かっこいいと思ったプレイは2Qのショーン・マリオンのダンク!むちゃくちゃ滞空時間が長かった。
posted by ちび太 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

バスケな話@ 『ファイブ』

今日の出来事に特記するべき事項はございません、ただ順調に苦戦してますよとorz


よって誰のためにもならない戯言でも書いちゃお。

せっかくホテル住まい状態なのにトリノ五輪の時期と綺麗にカブってしまったのはちょい残念な今日この頃、BSでNBAが見れないじゃん?地上波と同じ映像流してんじゃねぇよ、チクショウ!

プレイする方は中学の時点で落伍したけど、僕はバスケットボールが好きです。本屋でちょいちょいバスケ雑誌を立ち読みしたりする程度ね、買うまではいかないw


最近、ビックコミックで『ファイブ』というマンガが始まったんだけど、誰か知ってた?知ってたらちょっとすごい。
JBL(Japan Basketball League)の強豪チーム、アイシン・シーホースを描いたマンガです。今のところ完全に佐古(PG)の伝記になっちゃってるけど、これからは他の選手も取り上げてくれるのかなぁ・・・タイトルが『ファイブ』なんだし。佐古以外にも後藤、外山、E・マッカーサーなど一癖も二癖もあって、魅力的で、かつバスケが上手い選手が一杯いるんだし。

現在のバスケ日本代表は若手主体でこの辺の選手は入っていないけど、実力的には同等か上かでしょう、多分。佐古は長いこと日本代表のPGだったし(はずw)


一応言っておくと、このマンガ、他人にはおススメしません。
まだまともにプレイしてる場面すら出てきてないし、バスケだからっつって『スラムダンク』みたいなのを想像すると「ハァ?」だと思うしw
僕はアイシンの選手のかっこいいプレイをほんのちょびっと知っていて、「ああ〜、あの人達も苦労人だったんだな〜・・・」なんて視点で読んでるから楽しめてるわけでして。


ちなみに「コイツ、マニアか?」と思った誰かさんへ。
僕なんて全然詳しい方じゃないよ、比較的有名な選手しか知らないし・・・



1月にやってた全日本選手権ではアイシンは準決勝で敗退、優勝は東芝ブレイブサンダースでした。決勝の三菱電器との試合は珍しく地上波でやってくれて観戦できた。
東芝もいい選手一杯だった!そんな話はまた今度にしましょう、誰も待ってないだろうけどw
posted by ちび太 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(1) | バスケな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。