2006年07月19日

『相互乗り入れの現状・将来。利用者への恩恵・弊害』B

1969年7月19日 アメリカ合衆国の宇宙船アポロ11号のクルー、ニール・アームストロングらが月面に人類としての第一歩を印した。




一ヶ月以上の放置プレイw @ A




一般の乗客にとって、相互乗り入れによって何が困るか?しごく簡単なことだ。

『どれに乗ればいいかわからない』


絶対にコレは問題になる。
少々のテツを自負している自分でさえそうなのだから間違いない。




行き先が「渋谷」「新宿」「池袋」などのメジャーな駅ならば問題ないだろう。
しかしながら現状、東京メトロで進んでいる乗り入れの形態は『郊外からメトロをバイパスとして別方向の郊外に抜ける』というものがほとんどだ。


例は枚挙に暇が無い。

小田急ー千代田線ー常磐線、京浜急行ー浅草線ー京成、前述の13号線も同様だ。






特に優等列車以外(普通・準急など)は車庫の関係などで中途半端な駅で止められる場合が多いものだし、それでなくとも普通の人なら自分が行かない場所の駅名などそうは知らないだろう。




一例をあげてみよう。

羽田空港で飛行機を降りました。これから京浜急行で都心へ向かいたい。
そんな時に『印旛日本医大行き』なんてのが来たら、「一体どこへ連れていかれるんだ?」と思うのではないだろうか?
(これは父がよく言ってるネタであるw)


その列車が目的地に行くのがわかったとしても、一番早いルートはどれなのか?運賃が安く済むルートはどれなのか?







鉄道会社は乗り入れというと、やれ車両運用がどうとか、やれダイヤはどうなるとか、会社間のやり取りが問題になりがちだが、乗客の便宜を第一に考えて欲しいものだ。

案内などを充実させて、複雑な路線図でも混乱なく快適に利用できるような環境づくりがなされることを切に願うばかりである。(了)





【あとがき】
思いつきで書き始めたものの最高にグダグダな展開&文章になってしまい、猛烈に後悔中。
また自分の狭い視野でしか書いていないので異議もありましょうが、ご容赦を。



(Extraも考え中。気楽に書きます。)


posted by ちび太 at 12:00| Comment(4) | TrackBack(0) | テツのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近慣れたけど、羽田空港からの京急のパターン死ぬほどうなずける!っていうか、品川での京急の駅員の態度を修正してやってくれ!
Posted by coro at 2006年07月19日 13:04
印西牧の原行きとかな。京急蒲田はやばいね。高架完成すればダイヤに余裕が出るんだけど。京急は切り離しとか、神業ダイヤといわれる所以だね。
Posted by そうたろう at 2006年07月19日 23:32
>coro
駅員の態度か、あまり意識して見たことないな。
何にせよサービス業ってことを認識してほしいものですね。


>そうたろう
切り離しって私鉄じゃあまりないよね?他に知ってんのは小田急(相模大野)くらいか・・・
Posted by ち at 2006年07月20日 18:21
江ノ島線と本線の分岐点でやってるのかあ。学研線で慣れてるから、萌えないw
Posted by そうたろう at 2006年07月21日 06:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。