2006年05月05日

テツのつぶやき@ 新幹線、泣き笑い

2000年5月5日 浦和市(現在のさいたま市)で「さいたま新都心」が街開き。





題名はつけたけどシリーズ化するかは未定ですw



一年前まで『京都駅から乗る新幹線』は最もわくわくするものだった。
それすなわち、非日常への第一歩だったからである。
要するに旅行のスタートのことだ。

現在はと言うと、最も憂鬱なものにひっくりかえってしまった。
それすなわち、ストレス多き日常への回帰を意味するからである。



東京駅から新幹線に乗り新橋辺りの高層ビル群を見ると「あぁ〜、ダラダラできるのもこれで終わりかぁ・・・」などとアンニュイな気分になったものだが、今は京都駅から新幹線に乗り京都タワーや五重塔を見るときに同じような気分になるのだ。





まぁ、いつまでもダラダラしているわけにもいくまい。
たくさんしんどい目を見て充実した時間を過ごさねば!!十代でいられるのもあと数ヶ月なのだから・・・


長い日常があるからこそ少しの非日常もよりエキサイトなものになるはずだ。
夏休みまで勉強・バイト・部活、しっかりこなして苦労しようっと。



No Guts,No Glory!!
(闘志無きものに栄光なし)




posted by ちび太 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | テツのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
綺麗にまとまったね〜w書き込んだ時間も結構ツボにきた。
そんな貴方にBUMPのホリデイを送ります。頭ん中から離れない…喧嘩うってるわけじゃないのよ〜
Posted by 御供 at 2006年05月06日 12:02
自分の気持ちを言葉でうまく表現するのって難しいもんだ。
読み返して「陳腐な文章だな〜」と軽く自己嫌悪に陥ったりしてるw
Posted by ち at 2006年05月07日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。