2006年03月16日

海峡の長いトンネルを抜けると北の大地であつた

部活帰りに大嵐に襲われた。
身体の芯までビショビショになったけど、シャワー浴びて、着替えて、納豆ご飯食べて、コーヒー飲んだらやっと生きた心地がしてきた。



さて、今日の昼間にYahooのトップで見つけたNEWSを一つ。


新幹線工事のため吉岡海底駅を17日で廃止
 世界最長の海底トンネルである「青函トンネル」(総延長53.85キロ)吉岡海底駅の見学コースが17日を最後に、北海道新幹線の建設工事のため廃止される。“世紀の大工事”を実感できるとして88年の海峡線開通以来、延べ46万人が訪れたが、全国の鉄道ファンらからは廃止を惜しむ声が上がっている。
(毎日新聞) - 3月16日13時56分更新




な、何ですと〜!?( ̄□ ̄;)ガーン



まぁ〜た新幹線のおかげで古き良きモノがなくなるのかよぉ・・・

新幹線も世界に誇る日本の技術だけど、青函トンネルは世界一よ?
それを威張れるスポットをみすみすなくすことないじゃんかよ〜

僕がまだ見に行ってないのに!(ここ一番大事)

別にドラえもんとかはどうでもいいけどさ・・・w


ちなみに『世界一』と書いたが、海底部分限定だとユーロトンネル(ドーバー海峡)の方が長いというのは有名な話だ。
も一つ言うと、そのユーロトンネルの工事には川崎重工が参加しており、『プロジェクトX』にも取り上げられたことがある。
この辺までいくとちょっとしたトリビアかも?

とにかく「日本の技術は素晴らしい」ってことでw


あ〜、こうして先人達の偉業の記憶は風化してっちゃうのかなぁ?忘れてしまうには惜しい仕事だと思うけどなぁ・・・

早く旅に出たい!!
結局いつもここに帰結しちゃうんだ。


ちなみに次のは何日か前の記事。
こっちは地元じゃない僕にとってはくだらん話。勝手にやってろ(ヒドイ)

北海道新幹線:新駅名称「新函館」?「北斗」? 知名度・現地めぐり波紋  
北海道新幹線の新駅の名称を、建設地の北斗市の海老沢順三市長が「北斗駅とすべきだ」と発言したことが波紋を呼んでいる。新駅の名称は仮称とはいえ、「新函館駅」が定着しており、函館市側は猛反発。同市議会では14日の予算特別委員会で、阿部善一氏(民主・市民ネット)が「新幹線は函館市が何十年もお金と労力をつぎ込んだ陳情の成果だ」と主張、市の工藤寿樹企画部長は「本州からの乗客の多くが函館を目的に利用する。函館の名称は外せない」と答えた。(毎日新聞)
posted by ちび太 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | テツのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まじ!?え、駅自体はなくなんないよね?見れなくなるってことだよな?
北海道新幹線ってなんかなぁ〜。ほんまに便利になるんか?と、つい考えてしまう。そんなんだからふるさと銀河線とかがなくなるんだぁ!(よく知らんが)

関係ないが友達と北斗の拳実写版を見に行こうかという話をしている。ラオウの声がイメージより可愛いと言う噂。ほんとかな。
ハリーポッターは顎がわれてきてるしなぁ。そういうのもありかも。
Posted by 御供 at 2006年03月17日 20:32
ありゃ、てっきりナルニア国物語の方に行くかと思ったが?
免許合宿中、ヒマな日に映画観ようかと思ったけど、観たいのが無くてやめた経緯アリw
Posted by ち at 2006年03月18日 00:52
燕三条みたいなことになならんでしょう。
「東京」でぃずにー、品川駅、目黒駅その他色々あるよね。
Posted by クロッカス at 2006年03月18日 09:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。